ニュース

熊本県内で活動しているNPO法人等の民間非営利組織のみなさん、活動を続けていて困っていることはありませんか。

昨年度約80名の参加者があり、満足度が非常に高かったこのセミナー。
今年度も開催致します!!!【熊本県委託事業】


熊本県内のNPO法人などを対象とした経営組織力を強化するためのセミナーです。
経営組織力をつけ、活動の質を高めることで、団体の目的達成や地域の課題解決へと繋がります。
セミナーでは、非営利団体、社会企業の経営とは何か、活動を続けていくための資金調達などについてお話します。

今年度は、伴走型で専門家のコンサルティングを受けたい団体を3団体募集します。
このセミナーに参加していただき、ぜひご応募ください。団体の抱える課題はそれぞれ違いますので、詳しくお話を伺いながらコンサルティングを実施させていただきます。

また、この事業では非営利組織のコンサルタントの人材育成も行います。非営利組織の立ち上げ、経営サポートなどに関心ある方にもご参加いただき、このセミナー後(別日程)に実施する団体個別コンサルティングにて非営利組織の経営について学んでみませんか?
(詳細は事務局までお問い合わせください)

日時:2018年10月7日(日)午後1時30分から4時30分
場所:熊本県立大学 講義棟2号館 講義室1
講師:藤岡喜美子さん
   (公益社団法人日本サードセクター経営者協会執行理事)
参加費:無料

対象:
①県内で活動しているNPO・NGO・一般社団法人・ボランティア団体など(非営利組織)
②非営利組織のコンサルタントとして活動を希望される方

申し込み:資料の準備がありますので、事前にお申し込みお願いします。申し込みの際は、団体名・参加者氏名・住所・連絡先を明記の上、下記フォーム、FAX、e-mailにてお申し込みください。
https://docs.google.com/forms/d/1VRDPkmxfDyP9g8MbDoKvCO66nfAFwFnZiuB6bVXhfRU/
FAX096-362-3776 
E-mail

申し込み締め切り:2018年10月3日


【昨年度参加者アンケート】

・以前よりNPOの収益・資金集めについて興味ありましたのでクリアになり助かります
・団体としてだけではなく、個人としてもとても勉強になりました。ありがとうございました。
・非営利団体のビジョンがいかに大事なのかわかりました。とても勉強になりました。ありがとうございました。
・わたしの勉強不足がよく分かったところです。今後設立していく中でビジョンミッションの重要度が分かった。
・「NPOも稼ぐべき」この言葉は本当に励みになりました。福祉系の法人ですが、利益、おおきな黒字を出すことは悪だという空気が業界内にありますが決して悪ではないという確信が持てました。
・ビジョンは明確にあるのですが、人材の確保が難しいなと感じています。
・非営利=ボランティアではないということを改めて考えさせられました。始まったばかりの団体ですので1つずつ課題をクリアしてゆければと思っています。ありがとうございました。
・NPO経営の考え方がよく分かった
・目標の明確な設定や第二の顧客の話などためになりました。
・当方、任意団体です。次年度or次々年度に法人化を目指しています。そのため、再度ビジョンを洗いなおす作業をやっており、今日のセミナーは参考になりました。
・社会福祉法人の経営に携わることがありますが、本日のNPOの話と同じ問題を抱えているように思いました。収益を次の活動の展開につなげていけるよう、持続性のあるサードセクターの組織づくりに携わっていきたいです。
・組織の目標達成のための人、物、金、情報のマネジメントの重要性は理解できました。現在の我々の組織では会員の価値観の差が大きくまずはビジョン作成(共有できる)ものが必要と感じている。
・かかえる課題はみんな同じであることがわかりました
・先生の「稼ぐNPO」は私がファンドレイジングのために買った本でした。帰ってから復習させていただきます。
・大変勉強になりました。藤岡先生の優しさの中に見られる実績を重ねた明確な内容でした。
・経営力・事業展開に必要な稼ぐ力、顧客の明確化など大変参考になった。
・今日参加してよかったです。素直に課題は”お金”と思っていました。そこでお話を聞きながら私達のビジョンを改めて思い返すとビジョンは沢山あることに気づきました。しかし達成するための手段や行動指針がぶれていることに気づきました。ビジョンを達成するための行動指針を見直します。又、思い描くビジョンを周りに話したことがないため言葉にしていきたいと思います。沢山の気づきをありがとうございました。
・とても分かりやすかった。事業計画作成の参考になった。
・今後の運営に参考になった。資金調達の方法も参考になった。
・ビジョン=「誰がどのようになっているか」(仮設空想からのスタート)イメージを持ち、又、お金がないから、出来ることをやるじゃなく、やりたい事を沢山書き出すというのに非常に勇気を持ちました。又出してみたいと思います。また、環境団体の例の話はピンと来ました。
・何かよいことをしていることで満足してはいけないと理解受け取りました。
・管理者として半年を向かえ本日の話を参考に、経営力・組織力を高めていきたいと思います。
・ミッションビジョンを掲げているが中心的人材の高齢化で運営が困難。中年層の参加が見込めず。ボランティア精神の運営に限界を感じていたので、初歩的なことを学び参考にしたいと思った。
・セミナータイトル”経営力の強化”を非営利団体にこそ!という藤岡さんの熱い思いが伝わった。”わかりやすく”と事業の理念”よいことを社会に”心に残りました。
・いろんな事例をまじえて分かりやすく、今後の活動の参考にしていきたいと思います。
・お金がないのはあたりまえ、まず、ビジョンを確実に考えることが大事ということにすごく心が動きました。
・勉強不足な面もありまだまだ先は長いのですが「お金がない」は課題じゃないという言葉にそれをできない理由にしているな~と自分自身思いました。
・知らない言葉が多く出てきました。自分で勉強しようと思いました。稼ぐということをしっかり考えようと思いました。
・自分達のミッションが明確でないと反省した。ぜひ理事であらためて私たちのミッションを振り返ってみたいと思います。そうすることで着実な成果を生み出せるのではないかと思いました。
・授業も分かりやすく説明してくださいましたが資料をもう一度読み直したいと思います。
・団体を設立したばかりで、今後の事業形態など(ミッションビジョン)を考えている段階なのでとても参考になりました。
・夢が広がりました。
 

平成29年度熊本県担い手NPO育成支援事業
【参加者募集】
ビジョン達成!持続可能な組織づくりを学ぶ!

資金調達(助成金や寄付等)を行う際に重要になるロジックモデル。
その有効な作り方と活用法を実践者の事例と共に公開!

日時:2018年2月3日(土)13:30~16:00
場所:熊本県民交流館パレア 和室
参加費:無料


● 第1部  組織が更なる成長をするために
休眠預金活用法の成立など、資金循環に関わる大きな変化がある今、組織の信頼性を高める取り組みがとても重要になってきています。
ソーシャルインパクト評価の動向やその評価ツールとして注目されているツリー型ロジックモデルを用いることで助成金や休眠預金を活用するノウハウなどについてお話いただきます。

講師:藤岡 喜美子さん
特定非営利活動法人市民フォーラム21・NPOセンター事務局長
公益社団法人日本サードセクター経営者協会(JACEVO)執行理事


● 第2部  実践者からの報告
「熊本県担い手育成事業」にて藤岡喜美子氏より個別コンサルティングを受け、ツリー型ロジックモデルを作成した団体さまより、実際にどのように活用しているのか、つくってみてどうだったか等、実践者からご報告いただきます

【報告予定団体】
 ・NPO法人優里の会  http://yuurinokai.xsrv.jp/
 ・NPO法人田舎のヒロインズ  http://inakano-heroine.jp/
 ・一般社団法人恵灯会 
 ・NGO inon  
 ・訪問看護ステーション ふらわあ(立上げ検討中)

 (2016年度受講団体)

【一般社団法人Arts and Sports for Everyone】さん
https://connect.place/ase2016/
https://www.facebook.com/ArtsSportsForEveryone/

(2015年度受講団体)
【一般社団法人 夢・理想の里】さんhttps://www.facebook.com/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%A4%BE%E5%9B…/


● 第3部  ツリー型ロジックモデルをつくってみよう!
ツリー型ロジックモデルをどのように考えつくっていくかのか、実際につくっていく過程を見ていただきます。
ミッションビジョンを言語化し、ビジョン達成のためにどのような事業にしていくのかを是非体感してください。

■申込み・問合せ
熊本市中央区大江本町6番24号
TEL/FAX:096-362-3776
E-mail:kumamoto-mirai.com

いよいよスタート!
*★*――――――――――――――*★* *★*――――――――――――*★*

  持続可能な地域社会実現に向けた”くまもと未来ネット”学習会
              SDGs学習会

*★*――――――――――――――*★* *★*――――――――――――*★*

世界の新しい目標
SDGs(持続可能な開発目標)とは

持続可能な開発目標(SDGs)は、「貧しい人々が取り残され、
地球環境は悪化しており、このままでは世界が立ち行かない」
という強い危機感のもと作られた目標です。

環境を守りつつ経済を持続可能な形で発展させ、公正で安定した
社会をつくっていくために、様々な問題を根本的に解決することを
目指す、世界共通の17の目標です。

SDGsは国、企業、地域コミュニティ、NGOやNPO、そして個人の力を
合わせて達成できるものです。

(セーブ・ザ・チルドレンホームページより)

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
  第1回 SDGsを地域で取組む
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
持続可能な開発目標(SDGs)は、どのような経緯で、
何を目的としてつくられた目標なのでしょうか。

SDGsは地域社会の新たな目標として、
世界各地でさまざまな主体による行動が始まっています。
国内においてもさまざまな担い手(セクター)が、
SDGsの考え方を経営や事業活動に積極的に取り入れつつあります。

目標を掲げるだけでなく、SDGsの実現に向けた取り組みを「地域」で
いかに展開し、定着させることができるのかが、私たちに問われています。
SDGs~基本編~となります。
お気軽にご参加ください。

日時:2017年9月26日(火)19:00~21:00
場所:NPO法人くまもと未来ネット事務所
   (熊本市中央区大江本町6番24号)

講師:宮瀬 美津子
    熊本大学教育学部教授
    NPO法人くまもと未来ネット理事
※都合により、講師が宮北より宮瀬に変更になっております。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
  第2回 教育現場でのSDGs
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
中学校教師で、熊本で唯一の2030SDGsファシリテーターの神田さん。
自身が勤務する中学校でも、SDGs達成のための取組をスタートされています。
「SDGs達成のために、自分たちにできることは何だろう?」
など、生徒自身が考えられるような取組をされています。

生徒たちはどのような反応なのでしょうか?
実際の教育現場の取組や、リアルな声をお聞きしたいと思います。

日時:2017年10月28日(土)13:30~15:30
場所:NPO法人くまもと未来ネット事務所
   (熊本市中央区大江本町6番24号)

講師:神田みゆきさん
    なないろネットワーク熊本代表
    2030SDGsファシリテーター
    環境カウンセラー
    キャリア教育コーディネーター


■参加費:無料

■お申し込みについて
資料の準備がありますので、開催日前日までに
住所、氏名、電話番号を下記メールアドレス又はFAXにてご連絡ください。
メール:home@kumamoto-mirai.com
FAX:096-362-3776

■会場について
駐車場はございませんので、公共交通をご利用ください。(味噌天神電停徒歩3分)

※SDGs学習会は今後も継続して実施予定です

熊本県内で活動しているNPO法人等の民間非営利組織のみなさん、活動を続けていて困っていることはありませんか。
2017年6月末時点で、熊本県内には、約750のNPO法人があり、社会的活動に対する高い志を持った人々が、非営利活動へと一歩を踏み出しています。
その一方で、NPO等を取巻く財政的、人材的な環境は厳しく、全体の6割が財政規模500万円以下となっています。
今回、熊本県内のNPO法人などを対象とした経営組織力を強化するためのセミナーを開催します。
経営組織力をつけ、活動の質を高めることで、団体の目的達成や地域の課題解決へと繋がります。
セミナーでは、非営利団体、社会企業の経営とは何か、活動を続けていくための資金調達などについてお話します。

日時:2017年10月1日(日)午後2時から4時
場所:熊本学園大学14号館2階 1421教室
参加費:無料
対象:県内で活動しているNPO・NGO・一般社団法人・ボランティア団体など(非営利組織)
申し込み:資料の準備がありますので、事前にお申し込みお願いします。
     申し込みの際は、団体名・参加者氏名・住所・連絡先を明記の上、FAXもしくはe-mailにてお申し込みください。FAX096-362-3776 E-mail
申し込み締め切り:2017年9月27日

 

【キッズ向け】医療のおしごと体験会実施します!

NPO法人くまもと未来ネットは、活動方針のひとつとして、こどもの学びを支援し、地域創造を未来に繋げていくことを掲げています。

こどもたちは、未来の社会を築き、発展させていく存在です。その未来のよりよい社会の実現を担うこどもたちに対し、この度、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会様のご協力を得て、熊本にて、【キッズ向け】医療関係のおしごと体験セミナーを開催することになりました。医療関係のおしごと体験の機会は、なかなか少なく、今回は、熊本地震復興支援活動の一環として、ここ「熊本」にて開催されます。

小学4年生〜小学6年生のキッズ対象です。

貴重な体験の場となりますので、みなさまからのご応募、お待ちしています。
 

対象:熊本県在住の小学校4年生~6年生
人数:30名程度 (定員になり次第締め切らせていただきます。)
申込:下記Emailより、【先着順】での受付となります。
 
日時:平成29年9月3日(日)
   午前10時30分~12時50分(受付は10時より開始)
 
会場:NTTスマートひかりスクエア
   コミュニティーゾーン
   熊本市中央区桜町3-1 NTT西日本熊本支店 桜町ビル1F
 
主催:NPO法人くまもと未来ネット(旧NPO法人環境ネットワークくまもと)
 
協力:ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会
   ※この活動は、ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会の熊本地震復興支援活動の一環として協力をいただいております。http://www.jjcc.gr.jp/index.html
 
お申込みは、下記EmailまたはQRコードよりお願いいたします。



【プログラム】予定
○開会

○開会挨拶 
 注意事項:アクティビティの説明/インストラクターの先生紹介
○当日のアクティビティ(予定) *各20分程度
 ①【内科】聴診器で自分の心臓の音を聞いてみよう!
 ②【薬局】オリジナル軟膏を作ってみよう!
 ③【検査】食後の血糖を測定してみよう!
 ④【外科】手術用の縫合糸で縫ってみよう!
 ⑤【外科】内視鏡の手術器具で試してみよう!
○修了書授与

○閉会挨拶
○解散



 

NPO法人
環境ネットワークくまもと
〒862-0973
熊本市中央区大江本町6-24
TEL/FAX096-362-3776
E-mail  
URL  http://www.kankuma.jp/

NPO法人環境ネットワークくまもと